お知らせ

ホリブンの歴史・4

こんにちは。堀文です happy01
 

気づけば紅葉のころを過ぎ、時の流れの速さに驚くばかりですが、

皆さまいかがお過ごしですか? 

ものの本によると、忙しいとは「心を亡くす」と書くそうです。

師走を臨むあわただしい季節ではありますが、いつも心にゆとり

持ちたいものです confident

 

朝さて、このページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、

堀文の沿革を月一ペースでお届けしています。

今回は「自動車の時代」。

堀文が販路を拡大してきた道のりを辿ります。

ぜひごゆっくりとご覧ください。

 
「自動車の時代」
 
60年代に入り、ますます交通網は発展の一途をたどっていました。

大分でも大分市や別府市を中心に都市化が進み、特に県庁所在地である

大分市は官庁街が日に日に大きくなってきていました。

別府を拠点にしていた堀文は、起伏の激しい地区に住むお客様のため

オートバイでの配達を強化してきましたが、大分市内のオフィスからの

注文に対応するため、ついに4輪自動車での配達に踏み切りました。

 
horibun_04.jpg
 

今でこそ、自動車での配達は珍しくないと思いますが、当時の自動車は

高級品!配達に使っているのもデパートなど限られたお店だったのです。

 

いち早く、自動車を配達に導入したおかげで、別府市内のみならず

日出町の学校にも納入できるようになり、あまり交通の便の良くない

地域にも堀文の文具をお届けできるようになりました。

 

horibun_4_1.jpg
↑昭和40年ごろの堀紙文具店。店の前で荷物の積み下ろしをしています。
 

気交通網が発達したとはいえ、まだまだ一人に一台の時代ではなく

気軽にデパートなどに買い物に行けない、当時の周辺町村に住む

子どもたちの多くは学校の購買部で文房具を購入していました。

配達区域を拡大し、学校の購買部にも納品するようになった堀文は、

子どもたちの学校生活を支える商品を強化するため、

「サクラクレパス」「教材の内田洋行」「新日本教材」との取引を開始。

子どもたちが見るだけでわくわくするような、新商品を迅速にお届け

出来るようになりました。

 

このころの、楽しく新しい文具で、わくわくを提供できるような

文具店でありたいという思いは、今の堀文でも変わっていません。

 

horibun_4_2.jpg
↑現会長 敏弘の妻、品子。躍進しながらも多忙を極めた堀文を敏弘と共に支えました。
 
 
 
こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 
 

お問い合わせ・お見積もり

電話受付時間

月~金
AM8:00~18:00
AM8:00~17:00
ページの先頭へ