お知らせ

ホリブンの歴史・8

こんにちは。堀文です happy01

 

亀川を渡る風 typhoonもいつしか温かさを増し、

桜の花の便りも各地から届く今日この頃ですが

皆さまいかがお過ごしですか?

この春、新入学や進級を迎えるお子様、お孫様を

お持ちの方にとっては、まさに待望の春

といったところでしょうか。 lovely

 

さてこのページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、

堀文の沿革を月1ペースでお届けしています。

販路を拡大し、社屋を拡充し「株式会社 堀文」となった

「堀紙文具店」のその後を追います!!

どうぞごゆっくりご覧ください。

horibun_0303.jpg
 ↑1987年5月8日の日付けが見て取れる貴重なスナップ。
 堀文の特徴的なブルーの看板ですが、当時はまだパチンコ屋さんの看板でした。
 
 
「フレーベル事業部、設立!」
 

平成に入り、「株式会社 堀文」として、堀 高志のもと

新体制で船出をした堀文。

堀文では、幼稚園や保育園への遊具や教材の取り扱いも

していましたが、先代より長年取り扱いがあったメーカーが

幼児教育部門から撤退したことに伴い、新たに

社長みずから「フレーベル館」の門戸を開き…

 
平成9年、フレーベル事業部を設立!
 
大分で質の高い、教育用品、教材、遊具の販売を始めました。
 

…といっても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。

あの「アンパンマン」や「ウォーリーを探せ!」をはじめとする児童書や

絵本、幼児教育の専門書を多く出版し、教育玩具、グッズを販売する

あの「フレーベル館」です。

少し年配の方だと「キンダーブック」を幼稚園や保育所などで読んだことを

思い出されるのではないでしょうか。

horibun_08.jpg

平成7年に、阪神淡路大震災が起こっていたということもあり、

子どもの安全や健全育成に、特に関心が向いていた時代であったと思います。

「フレーベル館」と取引することにより、県下の幼稚園、保育園、官公庁などに

納入先を広げることができました。

子どもだましでない、本当に子どものことを考えて丁寧に作られた良いものを

地元の皆さまにお届けしたい。

それは、社長 堀 高志、会長 堀 敏弘のみならず、堀文の願いでもあったのです。


翌年、平成10年にはアスクルエージェントとして「株式会社アスクル」とも取引を開始。

通販事業にも乗り出し、更なる販売網の充実に努めました。

askul1.png
 
horibun_0301.jpg
 ↑1995年の年末ごろの堀文店舗内の写真。「96年は駆け足でやってくる」の店内ポップが効いてます。
horibun_0302.jpg
↑同じく1995年の年末ごろの堀文店舗内。堀文名物の丸い天井の飾り窓もちゃんと写っています。
 
こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 
 

お問い合わせ・お見積もり

電話受付時間

月~金
AM8:00~18:00
AM8:00~17:00
ページの先頭へ