お知らせ

ホリブンの歴史・7

こんにちは。堀文です happy01
 

春なお浅く、冷え込みの厳しい日々が続いておりますが

皆さまいかがお過ごしですか? 

 やわらかな日差しが恋しいのは人ばかりではないようで

今日は小さなトカゲが石の上で日向ぼっこをしていました。

春はもうそこまで来ていると感じます。 confident

 

さて、このページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、

堀文の沿革を月1ペースでお届けしています。

今回はついに「株式会社 堀文」が誕生!!

どうぞごゆっくりご覧ください。

horibun_23.jpg
↑昭和60年ごろ、店に立つ堀 敏弘 現会長。
 
「株式会社 堀文、誕生!」
 
昭和64年1月。昭和天皇崩御の報で幕を開けたこの年…。

「堀紙文具店」もまた新たな局面に立つことになりました。

それは…法人化!
 

戦後の復興、モータリゼーション(車社会化)の進展とともに、

県庁に成長してきた「堀紙文具」でしたが、販路を拡大するに従い

店舗数や従業員数も増え、敏弘の経営者としての責任も重くなっていきました。

しかし一方で、当時の大分・別府には平成不況の兆しが見えており、

大手文房具販売の物流網から漏れる可能性も感じていました。

今こそ自力をつけ、成長するチャンス!

 

創業者・堀 デンが作り、敏弘、品子が受け継ぎ、

地元の皆様に見守られ、育てていただいた「堀紙文具店」が

 

ついに「株式会社 堀文」となる日が来たのでした。
 
horibun_s7.jpg

法人化に伴い、堀 高志は社長に就任、堀 敏弘は会長となりました。

新たなスタートに際し、高志社長は
「堀文理念」「堀文肝五訓」と「堀文判断基準」を掲げました。
 
「堀文理念」
「人がよろこび、自らもよろこぶ、この仕事の追及に幸せがある。」
 

「堀文肝五訓」
一つ、夢を肝に刻むこと(一度きりの人生だから)
一つ、命を肝に吹き込むこと(命いっぱい)
一つ、力を肝に燃やすこと(力いっぱい)
一つ、華を肝に咲かすこと(まんなかで)
一つ、魂を肝に入れること(生きていこう)
 
 
「堀文判断基準」

「人として正しいかどうか。」

 

horibun_15.jpg
↑法人化してすぐの頃の堀紙文具店。線路の位置が現在と微妙に違っています。
 
こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 
 

お問い合わせ・お見積もり

電話受付時間

月~金
AM8:00~18:00
AM8:00~17:00
ページの先頭へ