お知らせ

ホリブンの歴史・11

こんにちは。堀文です happy01
 

酷暑の便りが絶えぬまま平成最後の夏も終わろうとしています。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

板山から聞こえてくるひぐらしの声に微かな涼味を感じ、

夕べにほっと一息をつく今日この頃です。

 

さて、このページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、

堀文の沿革を月1ペースでお届けしています。

今回は、社長 堀 高志が舵取り役となった2000年ごろの

堀文の事業展開についてお届けしていきたいと思います。

どうぞごゆっくりご覧ください。

 

 

「熱い!夏の堀文!!
 

堀文では、夏に「決算報告会」と「次期のスローガン決め」が行われます。

次の決算までの一年間、堀文を精神面から支えてくれる、この「スローガン」

大29期は「全員力!」でした。

 

slogan29_02.jpg
気になる平成30年7月以降の「第30期スローガン」は→こちら!
 

また、夏の商戦をにらんでの「キャンペーン」も行われ、別府市亀川のオフィスには

大きな垂れ幕が掲げられます。

 

DSC01119_02.jpg

↑今年は、2018年夏の陣・SHARPを退職される坂口さんを漢にするキャンペーンと題して6月1日~行われました。

 

垂れ幕に「男の肝」と書かれているのに気が付かれましたか?

堀文の歴史・7 でも紹介しましたが、堀文には「男の肝五訓」があり、

それぞれ次のように教えが示されています。

 

 

「堀文肝五訓」
 
一つ、夢を肝に刻むこと(一度きりの人生だから)
 
一つ、命を肝に吹き込むこと(命いっぱい)
 
一つ、力を肝に燃やすこと(力いっぱい)
 
一つ、華を肝に咲かすこと(まんなかで)
 
一つ、魂を肝に入れること(生きていこう)
 

この五つの教えは、

堀文理念「ひとがよろこび、自らもよろこぶ。この仕事の追及に幸せがある」

と、共に、社長の堀 高志が提唱し、

株式会社としての堀文発足当時から受け継がれているものです。

夏の「男の肝キャンペーン」も、それにちなんで名づけられました。

 

「堀文理念」が会社の考え方を表しているとするなら、

「五訓」は社員一人一人の姿勢を表していると言えるかもしれません。

自己の可能性を限り悪追求し、更なる挑戦を続けるという「成功への情熱」を

表現しているのが、この「五訓」なのです。

 

そんな熱い堀文の一面をうかがわせる写真が残っています。

 

↓↓↓2002年夏の「男の肝必勝大作戦」

 

2002_01.jpg

↑平成14年と書かれています。今から16年前の写真です。

 

2000年に、北九州支店を開設するとともに、オフィス家具のレイアウトから販売、

LAN工事までをオールインワンでご提供する福岡フォワードバックス事業部を設立。

2001年、福岡支店を開設。

2002年には、更にエアースペース事業部、および教育用品通販のエデュース事業部を開設しました。

 

堀 高志社長のもと、文具の枠を超え、働く人々のより良い環境作りのためにと

事業を拡大していった当時の堀文の、夏にかける意気込みを感じます!

 

2002_02.jpg

 
2002_04.jpg

↑ラミネート加工された写真が当時の色を保ったまま残っていました。

 

このような熱い男たち(もちろん女たちも!)が、現在の堀文を

形作っていったのですね。

 

こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 

お問い合わせ・お見積もり

電話受付時間

月~金
AM8:00~18:00
AM8:00~17:00
ページの先頭へ