お知らせ

ホリブンの歴史・6

こんにちは。堀文です happy01
 

今年も残すところあとわずかとなり、

足元をくすぐるつむじ風 typhoonにも 寒さばかりを感じる

今日この頃、皆さまいかがお過ごしですか? 

 歳末の多忙な折、どうぞお体ご自愛ください confident

 

さて、このページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、

堀文の沿革を月1ペースでお届けしています。

今回のテーマは「大分市に進出!?」

ついにあの人 happy02が漫画のキャラクターとして登場します!!

どうぞごゆっくりご覧ください。

 
「大分市に進出!?」
 

店舗や駐車場を拡張し、ますます便利に、商店街を訪れる人々の

お買い物を支える場として発展してきた「堀紙文具店」でしたが、

昭和56年、また新たな節目を迎えようとしていました。

現社長、堀 高志が名古屋より帰郷したのです!

horibun_blog_06.jpg

翌年には日出・別府エリアを飛び出し、大分市内のオフィスや

大分県の省庁に文具やオフィス家具の納入を始めました。

 

丁度そのころ、県北国東における「テクノポリス構想」もあり、

大分~国東までを営業のベースにしようと営業活動を開始しました。

別府の亀川にある本社が「まん中」になる「まん中作戦」でした。

 

さらには、60年4月に新設された大分県立羽室台高等学校内に

購買部を設置。

 

さらに!

大分市大手町に大分出張所(現大分オフィス)を開設!!

 

この頃、よく

「どんどん店舗を増やして大丈夫?」

「別府からわざわざ来んでもいいのに…?!」

などと言われましたが coldsweats01

オフィス街で働く人が増え、物流が大きく動くようになった時代に

あくまで、お客様の利便性を図ろうとした結果の「まん中作戦」なのでした。

 

horibun_05.jpg
↑昭和60年ごろの店内の写真。当時は万年筆が進級、進学のお祝いとして人気でした。
 
こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 

お問い合わせ・お見積もり

電話受付時間

月~金
AM8:00~18:00
AM8:00~17:00
ページの先頭へ