お知らせ

ホリブンの歴史・2

こんにちは。堀文です happy01

台風の進路が気になりますね。

予報どおり急カーブするのでしょうか…皆さまどうぞ気を付けてお過ごしくださいね。
 
さて、このページでは「ホリブンの歴史」と題しまして、
 
堀文の歴史を月1ペースでお届けしています。
 
今回は、堀文の会長、堀 敏弘の若かりし頃のお話を、
 
昭和30年代の写真とともに振り返ります。
 
ぜひごゆっくりとご覧ください。
 
 
 
「敏弘とオートバイ」
 
現会長でもある 堀 敏弘は、掘文の創業者デンの息子です。
 
太平洋戦争終結の後、復員し国立別府病院に勤務していました。
 
 
DSC09424_01.JPG
 
 
やがて、デンの商売が軌道に乗るとともに、忙しくなったデンと
 
店を手伝うようになります。
 
「まったく商売などやるつもりはなかった。」と語る 敏弘会長。
 
しかし、往来面倒見がよく、また母譲りの働き者でもあった
 
敏弘の尽力で店はますます大きくなります。
 
戦後の好景気もあり、亀川の街も買い物客であふれるようになりました。
 
亀川商店街が今のような形になったのも、この昭和30年頃のことです。
 
 
horibun_02_02.jpg
↑亀川にあった映画館「銀映」 当時映画は大衆の娯楽として急激に広まり、亀川だけで3件の映画館があった。
 
 
 
当時はみな背負子(しょいこ)といわれる竹と縄で編んだ背負いかごを
 
背中に背負って、徒歩で買い物をしていましたので、子どもを連れた人や、
 
お年寄りには買い出しは大仕事でした。
 
「堀紙文具店」は、お客様からお電話で注文をいただいて、自転車で配達も
 
していましたが、別府は山道が多いので、配達も、また大変だったのでした。
 
なんとかならないかと考えた敏弘は、当時はまだ珍しかったオートバイを
 
配達に導入!
 
 
horibun_02.jpg

その結果、配達範囲が格段に広がり、時間の効率も良くなったので、
 
電話注文の他にも、お店で買った品物を自宅までお届け出来るように
 
なりました。
 
別府の街を縦横無尽に走る、敏弘とオートバイは、別府の皆様に親しまれ、
 
堀文はますます地元のお店として成長していったのでした。
 
 
 
 
こちらの内容は、漫画にリライトして
ホリブン新聞にも掲載させていただく予定です heart01
 
 
次回もお楽しみに~ happy02sign03
 
 

お問い合わせ・お見積もり

電話受付時間

月~金
AM8:00~18:00
AM8:00~17:00
ページの先頭へ